看護連盟について

会長挨拶

 

日頃より看護連盟の活動にご理解とご支援をいただき有難うございます
このたび1回目のホームページ更新ができました。アクセス頂き感謝申し上げます。

 

まず初めに、喜ばしいお知らせです。第4次安倍改造内閣で、2人の看護職国会議員が副大臣に起用されました。あべ俊子衆議院議員が外務副大臣、たかがい恵美子参議院議員が厚生労働副大臣にご就任です。また、石田まさひろ参議院議員が厚生労働委員長に就任されました。
今後ますますのご活躍を確信しています。
もうひとつ嬉しかったこと。10月6日に青森県看護協会会長 柾谷京子様をお迎えし、「看護管理者に期待すること」のテーマで、平成30年度 看護管理者トップセミナーを盛会のうちに終えることができました。連盟役員一同、快く講演依頼をお受けしてくださった柾谷協会長に、そしてまた、ご参加の多くの看護管理者の方々に感謝申しあげます。これを機に、青森県看護協会と連盟の連携・協働が着実、しかも飛躍的に進むことを念願しております。

 

現在、連盟は「石田まさひろを応援する会」で親会員が子会員の入会促進を、各支部で支部長を中心に行っております。12月20日までには目標数を達成し、連盟会員の少ない青森県としては、目標をさらに上回りたいものと、頑張っております。これからは、(親)会員のみならず子会員、そうではない看護職の方々、友人・知人、そして(若い)身内の方、看護学生(実習生)等々、多くの人に、石田まさひろの議員活動、人となりなど、ご紹介・PRを、そして施設連絡員へのご支援と激励をお願い致します。

 

 若手の看護職の多くは、看護政策の形成や実現に関心が高いとはいえません。投票にも行ったことがない、という連盟会員も全国には大勢いることが調査で分かっています。上司や先輩、同僚の勧めで初めて行ったという会員もまたかなりいます。公的病院でも管理者、会員ができることはたくさんあります。肯定的、好意的な言動は伝わっていくものと思います。
まだ、先になりますが、投票に際しては、期日前投票と、必ず名前を書くようにと、お願いします。

 

 これからもよりよい看護政策の実現に向けて、看護職の代表を国政へ送る活動を邁進してまいりますので、変わらぬご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

2018年11月

 

青森県看護連盟

会長 須藤明子

 

 

年間活動計画/日程表

 

2018年度 年間活動計画はコチラ

2018年度 日程表はコチラ

 

 

 

アクセス

 

〒030-0803
青森市安方1-10-16
一般財団法人青森県自由民主会舘 303号室
TEL 017-773-1954

 

 

 

プライバシーポリシーはコチラ

 

 

 

 

 

ホーム   /   看護連盟について   /   活動について   /   入会案内   /   お問い合わせ